FC2ブログ

HOKUA SURF OKA

沖縄美ら海での遊びをプロデュース!スタンドアップパドルにサーフィンそしてウインドサーフィンなどマリンスポーツ情報をお届けします。プロが厳選した道具で楽しいビーチライフを!

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スターボード フォイル発売開始!

2019モデルよりスターボードさんからフォイルボードが発売されます。
STARBOARD 2019 FOIL
ディ−プタトルとUS Box x2がつくタイプ。
写真のボードはスペック7'7"x30"x4.1" 137L。
スターボード開発チームがテストしたストラップはつけなくてもコントロールしやすいようにデッキパッドに凹凸つけたようです。
STARBOARD 2019 FOI

STARBOARD 2019 FOIL
ボトムには全長短いですがより早いテイクオフ&リフトをする為にチャンネルがついています。
テイルのキックも多めについてリフト感早めています。

今回のったボードは7'7" X 30" HYPER FOIL BLUE CARBON(FLAX BALSA) ¥332,000(税別)。
お求めになりやすい価格のSTARLITEは定価¥188,000(税別)もあります。
FOILボードのサイズは
6'4" X 25
6'6" X 30"
7'2" X 27.5"。
BLUE CARBON(FLAX BALSA)仕様とSTARLITE仕様あり。

その他にHYPER NUTモデルと4in1タイプ2モデル。
サイズは6'10" x 26.5・7'4" x 30"・ 8'0" x 31.5" の3サイズがあります。
こちらもBLUE CARBON(FLAX BALSA)仕様・STARLITE仕様あります。

STARBOARD HYPER_NUT 6'10 FOIL STARBOARD HYPER_NUT 6'10 FOIL
写真は2018モデルSTARLITE仕様。
用途に合わせてチョイスできますよ!

STARBOARD 2019 FOIL
今回はFOIL Ocean Surf 2000とFOIL Wave 1700が試乗できました。
マストとフューズはアルミ製。
マスとの長さは65cm。
フロントウイングとリアウイングはカーボン製。
フロントウイングは2000/1700/1500/1300とセレクトできます。
STARBOARD 2019 FOIL
浮きやすい2000ならダウンウインドも安定して浮き続けられるとのことです。
ボードに合わせてDeep TuttleとTop Plate(US Box x2)の2種類から選べます。

SUPフォイルの価格はFOIL Ocean Surf 2000は198.000円(税別)
FOIL Wave 1700/1500/1300は各98.000円(税別)
発売は2019年1月以降です。
プレオーダー中!

ご興味・ご質問の方はフォームにてお問い合わせください!
~:~:~:~:~:~:~:~:~
お問合せフォームこちら
HOKUA
~:~:~:~:~:~:~:~:~

| SHOP | 07:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スターボード試乗会 その2

昨日に引き続き今日は中部でSTARBOARDの試乗会。
コンディションは曇り空。
オフショア1-3m/s。
波セット腹位といい感じ。

沢山の新しいモデルが並んでいます。
波があったので参加する人も大勢いて24−5本のボードはほとんどビーチにはなくなる大盛況に。
STARBOARD 試乗会
ZさんはPRO7'5"x26.75"でライディング。
浮力的には海面荒れても余裕で立っていられる感じではないでしょうか?
STARBOARD 試乗会
店長ERIKO様は気になるPRO7'0"x24" 66L。
2018モデルから新しいアウトラインに変更。
ノーズがやや丸いフォルムに。
ボトムにはテイルのチャンネルが付きよりスピーディーに。
STARBOARD 試乗会
店長ERIKO様も2019モデル7'3"を使っているので7'0"を乗るとよりシャープに動けるとのこと。

レイルも7'0"は薄いままの形継承しています。
コンストラクションもバルサの部分が多くなり固くよりしなるような乗り心地に。
PROシリーズは只今プレオーダー中です。
気になる方はご連絡ください。
ご興味・ご質問の方はフォームにてお問い合わせください!
~:~:~:~:~:~:~:~:~
お問合せフォームこちら
HOKUA
~:~:~:~:~:~:~:~:~

| SHOP | 17:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スターボード試乗会

あいにくの曇り空。
北東5-7m/sのオフショア。
今日は名護のビーチでスターボードジャパンさんの試乗会があるのでに行ってきました。

ショートボードタイプのPROシリーズに。ハイパーナッツ。
2019モデルより登場のロングボードにGOシリーズ。

今回の激早は手前オールスター12'6"x23"に奥スプリント14'x23.5"とのレースボードも試乗可能。
14feet SPRINTはチョッピーな海面でも切っていく感じで長い距離漕いでみたいボードです。
ALLSTARはテイルのフラット部分が多くなりよりうねりをキャッチしたりターン性のようなった感じでした。
ボードボリュームがあるのでオーバーフローになりやすいので購入時には選手などの意見参考にしてくださいね。
 fc2blog_20181211193754d94.jpg
そして注目のフォイルボード。
ディ−プタトルとUS Box x2がつくタイプ。
スペックは7'7"x30"x4.1" 137L。
スターボード開発チームがテストしたストラップはつけなくてもコントロールしやすいようにデッキに凹凸つけたようです。
ストラップジョイントがつけたい方は4in1というモデルもあるのでご興味のある方はご連絡ください。

フォイルの写真は後ほどアップしますので。
<追記>2019モデルフォイルの記事はこちらから

ご興味・ご質問の方はフォームにてお問い合わせください!
~:~:~:~:~:~:~:~:~
お問合せフォームこちら
HOKUA
~:~:~:~:~:~:~:~:~

| SHOP | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スターボード2019モデル発表

2019 STARBOARD
やっとスターボード SUP 2019モデル発表されました。
ウインドサーフィンは7月に発表されていたのですが・・。
ecoを考えてCO2を減らす運動進めています。バルサで硬くしなりのあるボードが多くラインナップされています。
2019 STARBOARD
2019モデルはまだ全ラインナップ入荷していないので欲しい方はご予約承ります。

そして2018モデル(まだ今年のモデルですよ!)プチバーゲンしていますので欲しいモデルがある方はご連絡下さい。

お問合せフォーム
~:~:~:~:~:~:~:~:~
HOKUA
~:~:~:~:~:~:~:~:~

| SHOP | 09:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スターボード2019モデル到着


2019モデルから発売されるLONG BOARD 9'0"x28"x3.3"
厚み3.3インチとプロダクションのボードの中で今までなかった薄さです。
ボリュームは101L。

店長ERIKO様はニューボードウキウキでフィンセッティング。
オーソドックスなセンター(6.7")+スラスター(4.5)。
今から楽しみなボードです。
インプレッションはお楽しみに。

≫ Read More

| SHOP | 14:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

RIVIERA & KAZUMA 超サマーセール

夏が始まる!サマーセール開催!
この商機を見逃すな!

RIVIERA & KAZUMA 開催!
2017&2018モデルが〜7/31迄セールプライスでご提供!

パドル&フォイルは25%OFF以上!
ボードは○0%OFF!
レースボードは3○%以上!


在庫限りなので売り切れの祭はご了承下さい。
早い者勝ちです。

RIVIERAパドル
RIVIERA & KAZUMA サマーセール

RIVIERAボード
RIVIERA & KAZUMA サマーセール
RIVIERA & KAZUMA サマーセール

KAZUMA ボード
RIVIERA & KAZUMA サマーセール
RIVIERA & KAZUMA サマーセール
RIVIERA & KAZUMA サマーセール

KAZUMA FOIL
RIVIERA & KAZUMA サマーセール

ご注文のタイミングによっては商品をご用意できない場合がございます。ご了承下さい。
商品はメーカー倉庫より発送となります。
大きなサイズは近くの営業所止めになります。
西日本地区の配送に荷受け制限や配送遅延などがおきています。
ご理解の程お願い申し上げます。

送料別途見積もりしますのでご興味のある方はフォームにてご連絡ください。

~:~:~:~:~:~:~:~:~
HOKUA
~:~:~:~:~:~:~:~:~

| SHOP | 08:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ニューボード到着!

HYPER NUT 6ʻ10
2018モデル HYPER NUT 6'10"達が無事到着しました。
スペックは6'10"x26.5"x3.8"の91L。
STARBOARD PRO7'5
こちらはPRO7'5" 2017モデル。(中古ボード)
スペックは7'5"x25.5"の81L。
フィンはスラスター(3本)が付属。
テイルがビスでラウンドピンとスカッシュに変えられるモデルです。
コンディションのジャンクの時はこのボード使うようです。
HYPER NUT 6ʻ10
店長ERIKO様は早速フィンセッティング。
HYPER NUT 6ʻ10
今年の夏用にSTRALITEシリーズをチョイス。

STARBOARD paddle
そしてWAVEパドルも新調しました。
ENDUROのブレードはSサイズ。
インプレッションは使った時にアップしますので。
今日は梱包といて準備完了です。

| SHOP | 15:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2018 NSP PUMA ボードインプレッション

2018 NSP PUMA 12’6”×24” ボードインプレッションが加藤ライダーから来ました!


・ボード外観

多くの人が言うように、NSPレースボードといえばローリングしてうねりを拾いスピードに乗るのが特徴だとみなさん認識されているかと思います。
NSP PUMA 2018
前年モデルとのボードとの大きな変更点として、NSP特有のコロコロを生むロールしたラウンドボトムが、今回はボードの中心側に「Stabilizer Surface」と呼ばれるフラットな面と「Rolled Rails」と呼ばれるラウンドしたレールが組み合わされています。
NSP PUMA 2018
この「Stabilizer Surface」により安定性(というよりも直進性?)と加速力、「Rolled Rails」「Rounded entry」「VEE tail」によりローリング性能とコントロール性が生まれていると思われます。たぶん。。。
NSP PUMA 2018
またNSPの優しさが感じられるところで、スタート時や立ち上がる時などに一番傷がつくデッキ側のサイドに最初からガードテープが貼られていたり、ハンドルが計3本(ロング×1、ショート×2)が付いています。

デッキパッドに「EVA trim guide」という目盛りが付いていて、一目で自分の立ち位置を調整できるようになっています。

あとデザインが派手になりました^ ^



・平水面を漕いでみて

前年モデルと比較してフラット水面はかなり速くなっています。

安定性が向上していることから、最初の漕ぎ出しから安心して思いっきり体重を乗せて漕ぐことができます。

直進性に加えボード重量が若干軽くなっていると思われ、漕ぎ出しが軽く加速力も大幅にアップしていると感じます。

また元々のコロコロ性能でローリングして引き波を利用して漕ぐこともでき、

これによりレースのスタートで抜け出したい時や、前の人を抜きたいときなどにこのレールを意識したローリングは効果的だと思います。

ターンをするときに関して、前モデルはあまり下がらずにボードを傾けて漕ぐことで旋回できたのに比べ、今モデルはある程度ステップバックをしてターンしないといけない形になるかと思います。

フラット面のあるボトムと広いテイルや前寄りのフィン位置などにより安定性とコントロール性が増しているので、安心してより強気なタイトターンができます。そしてターンして減速したあと、加速力を生かしてまたすぐにスピードをリカバリーできると思われます。



・うねりのある海面やアップ&ダウンウィンド

前モデルのPUMAは知らぬ間に波やうねりを拾って進んでいくような感覚がありましたが(これによる不意な足払いもありました笑)、2018PUMAは直進性が増したことで無意識にあらゆる角度のうねりを推進力に繋げる感覚は少し減ったかな?と思います。これに伴い長時間漕いでいても安定感が増している分、足への疲労の蓄積というものは軽減されていると感じます。

漕いでいていい形にハマるとスルスルとうねりを拾ってボードが走って行くので、ラウンドしたレールで海の動きを意識してコントロールすることで、海面のうねりを敏感に感じ推進力に繋げるNSPレースボードの特性は十分に発揮できていると考えています。

加速したい時にはボトムの中心にある「Stabilizer Surface」を、うねりを拾いたい時はレール側やノーズにある「Rolled Rails」「Rounded entry」を意識すればいいのかなぁとか色々試行錯誤しています。いい形を見つけていくために、これは練習ですね。

アップウィンドに関してはそのままうねりに向かっていくとボードがバタつくかもしれませんが、うねりに合わせてローリングしていくことでするすると進んでくれます。うねりがない向かい風だけの時はフラットに漕げばぐいぐいと前に進んでくれます。

ダウンウィンドの時はかなりいい感じですね。うねりに乗ってボードがするすると走ってくれます。前モデルはうねりを乗りつないでいくと制御が効かなくなることもありましたが、今モデルは安定性の向上によりスピードが上がってもコントロールができ波を繋いでいってくれます。(遠州灘の本格的なDWなどではまだ試せていませんが)



・波乗りやインアウト

テイクオフはノーズボリュームもあるので刺さることなく非常にスムーズにいけます。
NSP PUMA 2018
前モデルは波に乗ってからややルーズな乗り味でしたが、今モデルはより思い通りにコントロールができる感触です。安定感があるので、プルアウトや波越え、方向転換などもやりやすいと思います。

バックウォッシュやうねりを敏感に拾ってくれるので、インアウトはやはり抜群にいいですね。





長々とまた書きましたが、2018 NSP PUMA 12’6”×24”の総括をすると、、、

2017モデルの海面のうねりを推進力に繋げていくというストロングポイントに加速力とコントロール性を加えたことで、NSP特有の海の動きを敏感に感じ漕いでいて楽しいというところを残しつつ、レースという競い合う中においてより実戦的なボードに進化したという印象です。

フラット~荒れた海面、スプリント~ロングディスタンス、サーフレースやDWなど、全てのコンディションに対応できるオールマイティーな1本になっていると思います。

加藤選手はこのボードで先日の横浜で行われたレース11kmで見事優勝!
速かったのですね!
これからも加藤選手&NSPは要チェックです。

最後までご覧いただきありがとうございます。

| SHOP | 15:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お知らせ

今週のメーカー中古情報はお休みさせていただきます。
宜しくお願いします!

| SHOP | 06:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

SUP波乗り用リーシュ入荷!

SUP波乗り用にCREATURESのリーシュ入荷しました。

REEF7feet & REEF8feet

8mmとちょっと太めのモノで130L前後までなら安心かな?
もちろん大き過ぎる波用はOUT REEFもありますが・・。
価格は4800円と5000円(税別)です。
1年に1回は新しいの使わないとちょっと不安ですね。
年も替わったのでリーシュコードも新調してみませんか?
お買い求めはネットショップでこちら

ご興味・ご質問の方はフォームにてお問い合わせください!
~:~:~:~:~:~:~:~:~
お問合せフォームこちら
HOKUA
~:~:~:~:~:~:~:~:~

| SHOP | 16:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT